緊急事態にアイピル!

1回くらいならコンドームをつけなくても大丈夫だと思ったり、コンドームの装着ミスで避妊に失敗した例は後を絶ちません。そういった緊急事態に対応してくれるのがアイピルというアフターピルです。こちらではアイピルについて解説していきたいと思います。

アイピルについて納得する女性

日本産科婦人科学会で承認のアイピルの消退出血は安全

日本産科婦人科学会でも承認されているアイピルは望まない妊娠を避ける女性の強い味方です。ピルを飲んだ場合に消退出血が発生しますが、これは生理による出血とは違います。ピルの服用により女性ホルモンが急速に増加されますので、体内のホルモン濃度が上がり消退出血が発生するのです。望まない妊娠を防ぐために避妊に失敗した可能性のある性行為を行った後に女性がアイピルを服用すれば子宮口に入り込んだ精子が子宮内膜に着床する前に子宮外に排出することが可能です。性行為後72時間以内にアイピルを服用することにより望まない妊娠を防ぐことが可能になるのがアイピルの効能です。アフターピルというと生理不順を起こすのではと誤解をされている女性も多いのですが、実際はホルモンバランスが安定し生理周期や月経周期が安定化するという効能もあるぐらいのものです。医薬品ではなくホルモン剤ですので副作用といっても生理痛のようなものと考えてもらえればいいものです。避妊に失敗した可能性のある性行為の後にアイピルを服用すれば排卵制御を行い精子の着床を防げます。アイピルを服用後1週間もすれば消退出血が見られるはずです。消退出血が見られれば避妊には成功します。男性と違い女性は自分の身は自分で守る必要があるものです。望まない妊娠は女性の人生を不幸にするものです。排卵制御といっても一時的なものですから消退出血後は正常に戻ります。その後の生理周期にも影響はありませんので安心して服用してください。男性を信頼していてもコンドームを適切な着用をするとは限りませんし膣内で破れることも十分あります。女性は自分の身は自分で守らないといけません。正しいピルの知識を持ち安全な性行為を行うように心がけましょう。

アイピルとルナベルとオキシドについて

ルナベルは、女性ホルモン配合剤です。月経痛の痛みを和らげる作用がありますので、月経困難症の治療のために役立つお薬です。月経に伴う痛みは、女性にとっては悩みの種になります。腹部に感じる痛みをはじめ、吐き気を感じたり頭痛を伴ったり、憂鬱な気分になるなど、不調を感じやすくなります。月経痛は人によって痛みが異なりますし、重い人であれば生活にも支障が出てしまうほどです。ルナベルはほんの少しの女性ホルモンを配合しているお薬ですので、体内での女性ホルモン分泌を穏やかにさせることができます。
活性酸素のスーパーオキシドは、強い酸化力を持っています。健やかな健康体を保持するためにも、スーパーオキシドは、やっつけておきたい存在です。人間の体の中で作られる活性酸素には、いくつかの種類があって、そのひとつになります。難点となるのは、スーパーオキシドは、大量に発生をするということです。だからこそ、油断は禁物な活性酸素でもあります。
緊急避妊薬のジェネリック医薬品でもあるのが、モーニングアフターピルのアイピルです。性行為においてコンドームが破れるなど、思ってもいなかったトラブルが発生したときなど、計画外の妊娠を防ぐ為に使われます。避妊に失敗をした時には、定められた時間のうちに、モーニングアフターピルのアイピルを服用することにより、卵子の受精、そして受精卵の着床を防止することになります。
モーニングアフターピルのアイピルを利用しての妊娠回避効果は、とても強力なものがあります。性交渉をした後24時間以内にお薬を飲むことができれば、約95%の確率で避妊の効果をもたらすことができます。72時間以内であっても、服用によって75%の避妊効果があるものです。

アイピルとルナベルは目的や飲み方が違うことに注意

婦人科や産婦人科で処方してもらえる薬の中に、ピルという種類があり、避妊をしたい女性たちに役立つ薬となっています。
避妊のために使うピルにも、日頃から飲んでおいて避妊効果を得る低用量ピルや、コンドームなどでの避妊に失敗してしまった緊急時に性行為の後で飲むアフターピルといった区別があるので、目的に合わせて薬を使い分ける必要があります。
アイピルは、このようなピルの中でアフターピルに分類される薬で、日本の婦人科で処方されているノルレボ錠という薬のジェネリック医薬品とされています。
日本の婦人科で、避妊に失敗してしまったので緊急避妊薬をくださいと医師に頼むと、ノルレボ錠か、他の中用量ピルを処方されることがほとんどです。
ちなみにノルレボ錠の有効成分はレボノルゲストレルとなり、アイピルの有効成分も同じものです。
アイピルはジェネリックであるためノルレボ錠よりも価格が安いという特徴がありますが、日本でアイピルを入手する方法は主に個人輸入サイトでの通販になるため、服用する時は自己責任になることは覚えておきましょう。
アイピルの飲み方は、コンドームが破れてしまったなどの避妊に失敗した性行為の後、72時間以内に1錠を飲むという方法になっています。
個人輸入は注文してから届くまでに時間がかかることもあるので、失敗したと思ってから注文すると間に合わない場合がありますから、そんな時は婦人科や産婦人科でアフターピルを処方してもらうのが良いでしょう。
ところで、ルナベルも婦人科で扱っている低用量ピルの一種となりますが、ルナベルは月経困難症の人に対して処方される薬となっています。
ルナベルは21錠が1シートにセットされている薬で、飲み方は毎日1錠を決まった時間に飲み、21日間飲み終わったら7日間薬を飲まないで、その後次の1シートを飲むという方法で服用します。
ピルは正しく使うと女性にとって有益なので活用しましょう。

出血過多のときは病院の外来でアイピルを処方する

性行為をして避妊に失敗してしまったり、避妊を行わなかった性行為の後に妊娠を回避したいときには、緊急避妊薬を服用します。緊急避妊薬はモーニングアフターピルとも呼ばれますが、低用量ピルとの違いは、緊急避妊薬は性行為の後に服用をして避妊する医薬品であることに対して、低用量ピルは毎日決められている用量の服用をして妊娠を回避するものとなります。
緊急避妊薬として、レボノルゲストレルを成分として配合しているものにアイピルがあります。アイピルはコンドームを付けずに性行為を行ったときや、望んでいない性行為によって妊娠の不安があるときに計画的に妊娠を回避できます。アイピルには排卵を遅らせることや、受精卵が着床しないように子宮内膜が厚くなる前に剥がす作用があります。アイピルは避妊薬としての使用方法の他に、月経のサイクルを調節する目的や子宮内膜症の治療用としても使用できます。月経のサイクルが乱れることによって、妊娠を望んでいる場合であっても妊娠しにくい状況となるために、月経サイクルを整えるために使われます。アイピルには子宮内膜が厚くなる前に月経を起こさせる効果があるために、出血過多による貧血を改善することができます。アイピルは病院やクリニックで処方を受けることが可能ですので、取り扱っている病院の外来に行くことで入手できます。アイピルの服用を希望しているときには、どこのクリニックに行けば扱っているのか事前に確認しておくことがおすすめです。クリニックでアイピルを購入するときには、1万円以上の費用がかかってしまいますので、費用の節約をしたいと考えている人であれば、医薬品の通販サイトを利用する方法もあります。

休薬中で不安なときはアイピル服用がおすすめです

性行為をコンドームを付けずに行ったときには妊娠する可能性がありますので、事前に妊娠を回避できるように低用量ピルを服用している人もいるでしょう。低用量ピルで多いタイプのものは28日タイプのものとなっており、月経が開始してから毎日1錠ずつ服用して、28日間の服用を継続します。最後の7錠分はホルモンが入っていない偽薬となっており、その偽薬を服用している期間を休薬期間と言います。飲み忘れや飲み間違いなどがなければ、休薬期間中に性行為をした場合であっても避妊効果を得ることができます。
休薬中に性行為をしても妊娠を回避することが可能ですが、どうしても心配な人の場合には緊急避妊薬であるアイピルを服用する方法もあります。定期的に服用することで避妊効果を得るものが低用量ピルですが、それとは別に性行為をした後に服用することで避妊効果を得ることができるものが緊急避妊薬となります。コンドームをしっかり付けたつもりでも避妊ができていなかったり、妊娠を望んでいないのにコンドームを付けてもらえなかたときに、生理がくるまで女性にとっては心配な時間が続きます。そのようなときにはクリニックを受診することで、緊急避妊薬のアイピルを処方してもらうことで避妊ができます。アイピルは性行為をしてから24時間以内に服用することで、95%以上の妊娠を防止できる緊急用のピルとなります。25~48時間が経過した後に服用したときの妊娠防止率は85%、49~72時間以内に服用したときには58%の防止率となりますので、できるだけ早めに飲むことがおすすめです。すぐにクリニックに行けないときであっても、通販サイトの中には即日中に発送してくれるところがありますので、素早く注文して入手することが大切になります。

アイピルとプロゲステロン、保険が使えない緊急避妊薬

アイピルのような緊急避妊薬は、保険が適用されません。薬を処方してもらうには全額自己負担になってしまうので、気をつけましょう。
アイピルがどのような仕組みで避妊を可能にしているかというと、含まれている女性ホルモンに答えがあります。
ピルには黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンが含まれています。ピルを飲むとこれらの2種類の女性ホルモンの働きによって、排卵を促すホルモン(LH、FSH)の量が減り、排卵が抑えられます。また、精子が子宮内には入れないようにしたり、子宮内膜を受精卵が着床しづらい状態にさせる作用もあります。
これらのトリプル効果によって、効果的に避妊を成功させます。
子宮に精子が入りにくくなるのは、子宮の入り口の粘液が濃くなるからです。
ちなみに、排卵を促すホルモン(LH、FSH)が分泌されるのは脳下垂体という部分からです。
アイピルは緊急避妊用のピルなので、副作用が強く出てしまう可能性が高いです。主な副作用には、吐き気、嘔吐、乳房痛、頭痛、不正出血、などです。不正出血は月経とは異なる出血で、不規則に起こります。
重い副作用では血栓症(血管のなかに血のかたまりができて、血液の流れが悪くなる病気)が報告されています。生理痛の緩和やPMS(月経前症候群)の改善目的で使う低用量ピルでは重い副作用が起こる危険性は低いですが、緊急避妊薬はホルモン量が多くなっているので気をつけましょう。
SEXで失敗してしまった場合には、一刻も早く病院で処方してもらうようにしましょう。婦人科などで対応してもらうことができます。最近ではピル外来という専門外来も登場しています。

アイピル服用は時間が重要|急性視力障害に注意

緊急避妊薬のアイピルは、気になる行為をしてしまったら、すぐに飲むのが重要です。時間が経つにつれて避妊の成功率が落ちてしまうので、24時間以内を目指して飲みましょう。24時間以内であれば、95%以上という高確率で避妊させることが可能です。
まずいと感じたらすぐに飲むというように常備しておけば、万が一のときに慌てずに済みます。
と言っても、普段から婦人科などに行って緊急避妊薬を処方してもらうというのは抵抗があります。妊娠や避妊はデリケートな問題ですから、できれば病院を受診せずに目立たずに手に入れたいというケースが多いでしょう。
この場合には、ネット通販でアイピルを購入する手があります。自分で使う目的であれば、合法で海外からアイピルを取り寄せることができます。
個人輸入というと難しそうですが、面倒な手続きは個人輸入代行業者が代わりにやってくれます。なので、国内通販と同じように購入ボタンをクリックするだけの作業で買うことができます。
ピルの副作用は、低用量でも起こることがあります。ましてや、緊急避妊薬はホルモン量を避妊可能なように最大限多くしてあるので、副作用が強く出てしまう可能性も高いです。
一般的な副作用としては、吐き気、嘔吐、などがありますが、さらに高濃度のピルで注意したいのが血栓症です。
血栓症の初期症状には、下肢の疼痛やむくみ、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、急性視力障害、などが出ることがあります。
急性視力障害は、急に目の前がぼやける、まぶしい、二重に見える、など視力に異常があらわれます。もしこのような症状が急にあらわれたら、アイピルの副作用で血栓症が起きている可能性があります。こちらも危険な症状なので、この症状が出た場合には医療機関を受診しましょう。