緊急事態にアイピル!

1回くらいならコンドームをつけなくても大丈夫だと思ったり、コンドームの装着ミスで避妊に失敗した例は後を絶ちません。そういった緊急事態に対応してくれるのがアイピルというアフターピルです。こちらではアイピルについて解説していきたいと思います。

アイピルについて納得する女性

万が一に備えてアイピルを準備

「彼が中出しをしてしまった」「コンドームが破れた」こんな時に不安になるのは女性です。避妊を男性に任せておく、という風潮が日本では強いのですが、妊娠してしまうのは女性です。埋めなくて中絶などを行う費用や身体的、精神的な負担もそのほとんどは女性が背負わなければなりません。普段から避妊を男性だけに任せるのではなく、万が一のために女性も妊娠しないすべを持っておくと安心できます。そこで準備しておきたいのがアイピルです。アイピルは緊急避妊薬と呼ばれ、避妊を行っていても失敗してしまった場合に飲む薬です。アイピルは飲むことで女性の身体の中のホルモンの濃度を急激に変えます。ホルモンの濃度を変えることで受精卵が着床する子宮内膜をはく奪させて妊娠を防いだり、排卵自体をストップさせて精子が子宮の中に入っていても妊娠できないようにするなどの作用があります。この働きによって妊娠する確率を低下させる役割があるアイピルですが、重要なのは飲むタイミングになります。避妊に失敗してから72時間以内に飲まなければ避妊効果がなくなってしまうと言われているため、なるべく早く飲む必要があります。ドラッグストアやコンビニでは販売されていないもののため、病院で処方を受けなければなりませんが仕事の都合や連休などのタイミングになってしまうと手に入れられない可能性が出てきてしまいます。そんな不安がないように、事前に購入して持っておくようにしましょう。日本国内では処方箋が必要な薬になってしまいますが、海外からの個人輸入ならば処方箋は必要ありません。価格も病院で処方を受けるよりも安くなるので、万が一のために購入して持っておくことが、自分の身体を守ることにも繋がります。

アイピルは早く飲むほど効果が高い

アイピルはモーニングアフターピル、緊急避妊薬とも呼ばれるものです。性行為を行う時に避妊具をつけていても、外れたり破れたりして妊娠してしまう可能性がある時に服用することで、妊娠する確率を下げる薬になります。服用するタイミングは避妊に失敗したらなるべく早く飲む方が効果が高いものなので、万が一の時のために処方してもらえる病院を調べておいたり、海外からの個人輸入を行って持ち歩くようにしておくと安心です。アイピルは服用することで排卵前ならば排卵をストップさせたり、受精卵が出来てしまっている場合には受精卵が着床する子宮内膜を剥がしてしまったり、子宮内の粘膜の粘度を上げて精子が進みにくい環境を作ることで妊娠を防ぐ仕組みになっています。アイピルを服用してから子宮内膜が剥がれるまで数日間の時間が空いてしまうため、受精卵が子宮に着床して妊娠が成立してしまってから服用しても意味がありません。そこで、妊娠に失敗したらなるべく早めに服用することが重要となります。具体的には避妊に失敗してから24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用で75%の避妊効果があると言われています。72時間を経過すると妊娠する確率が大きく上がってしまうため、72時間以内に服用しなければなりません。時間が経過すればするほど妊娠する確率は上がってしまうのです。アイピルを服用してから3日~1週間程度で消退出血という生理のようなものが起こります。これはアイピルの効果で子宮内膜が剥がれたもののため、消退出血が来た場合には前日までの性行為で妊娠はしていないと判断しても良いでしょう。しばらく待っても消退出血がない場合には妊娠している可能性があるため、検査を行ってみましょう。

アイピルを通販で購入する

モーニングアフターピル(緊急避妊薬)のアイピルは、ネット通販で購入することが可能です。個人輸入代行業者を利用して、海外から取り寄せる方法です。日本では認可されていない薬でも、海外では一般市販品として出回っているものもあります。日本では販売されていなくても、海外で合法で販売されて使われている薬は、人間への影響もわかっているので、効果や副作用の程度もわかっています。日本国内では、こういった薬はドラッグストアや薬局では買えません。また、中には医師に処方してもらえないものもあります。こういう薬については、個人使用の目的でのみ使うのであれば、個人輸入が可能になっています。本人が購入することもできますが、手続きが煩雑なので普通は個人輸入代行業者を通して買うことになります。ただし、海外から国内に持ち込んだ場合、法に触れてしまうと商品が届かないばかりか、罰せられる危険性もあります。この危険を回避するには、個人輸入代行業者を通して買うのがベターです。アイピルを処方してくれる病院を見つけるのは困難なので、ネット通販で購入したほうが早いでしょう。ただし、すでに妊娠の可能性があって避妊目的でアイピルを使いたい場合には、すぐに届くわけではないので手遅れになる可能性が高いです。性交渉後から24時間いないなら95%、72時間以内ならば75%以上の成功率ですが、時間が経つごとに成功率は落ちてしまいます。ネットで24時間注文可能と言っても、海外から取り寄せる場合には1週間以上は待たされることが多いので気をつけましょう。安全のために事前にアイピルをネット通販で購入しておいて、性交渉時のトラブルに備えておくと安心です。