1回くらいならコンドームをつけなくても大丈夫だと思ったり、コンドームの装着ミスで避妊に失敗した例は後を絶ちません。そういった緊急事態に対応してくれるのがアイピルというアフターピルです。こちらではアイピルについて解説していきたいと思います。

アイピルについて納得する女性

アイピルとルナベルとオキシドについて

ルナベルは、女性ホルモン配合剤です。月経痛の痛みを和らげる作用がありますので、月経困難症の治療のために役立つお薬です。月経に伴う痛みは、女性にとっては悩みの種になります。腹部に感じる痛みをはじめ、吐き気を感じたり頭痛を伴ったり、憂鬱な気分になるなど、不調を感じやすくなります。月経痛は人によって痛みが異なりますし、重い人であれば生活にも支障が出てしまうほどです。ルナベルはほんの少しの女性ホルモンを配合しているお薬ですので、体内での女性ホルモン分泌を穏やかにさせることができます。
活性酸素のスーパーオキシドは、強い酸化力を持っています。健やかな健康体を保持するためにも、スーパーオキシドは、やっつけておきたい存在です。人間の体の中で作られる活性酸素には、いくつかの種類があって、そのひとつになります。難点となるのは、スーパーオキシドは、大量に発生をするということです。だからこそ、油断は禁物な活性酸素でもあります。
緊急避妊薬のジェネリック医薬品でもあるのが、モーニングアフターピルのアイピルです。性行為においてコンドームが破れるなど、思ってもいなかったトラブルが発生したときなど、計画外の妊娠を防ぐ為に使われます。避妊に失敗をした時には、定められた時間のうちに、モーニングアフターピルのアイピルを服用することにより、卵子の受精、そして受精卵の着床を防止することになります。
モーニングアフターピルのアイピルを利用しての妊娠回避効果は、とても強力なものがあります。性交渉をした後24時間以内にお薬を飲むことができれば、約95%の確率で避妊の効果をもたらすことができます。72時間以内であっても、服用によって75%の避妊効果があるものです。