1回くらいならコンドームをつけなくても大丈夫だと思ったり、コンドームの装着ミスで避妊に失敗した例は後を絶ちません。そういった緊急事態に対応してくれるのがアイピルというアフターピルです。こちらではアイピルについて解説していきたいと思います。

アイピルについて納得する女性

アイピルとルナベルは目的や飲み方が違うことに注意

婦人科や産婦人科で処方してもらえる薬の中に、ピルという種類があり、避妊をしたい女性たちに役立つ薬となっています。
避妊のために使うピルにも、日頃から飲んでおいて避妊効果を得る低用量ピルや、コンドームなどでの避妊に失敗してしまった緊急時に性行為の後で飲むアフターピルといった区別があるので、目的に合わせて薬を使い分ける必要があります。
アイピルは、このようなピルの中でアフターピルに分類される薬で、日本の婦人科で処方されているノルレボ錠という薬のジェネリック医薬品とされています。
日本の婦人科で、避妊に失敗してしまったので緊急避妊薬をくださいと医師に頼むと、ノルレボ錠か、他の中用量ピルを処方されることがほとんどです。
ちなみにノルレボ錠の有効成分はレボノルゲストレルとなり、アイピルの有効成分も同じものです。
アイピルはジェネリックであるためノルレボ錠よりも価格が安いという特徴がありますが、日本でアイピルを入手する方法は主に個人輸入サイトでの通販になるため、服用する時は自己責任になることは覚えておきましょう。
アイピルの飲み方は、コンドームが破れてしまったなどの避妊に失敗した性行為の後、72時間以内に1錠を飲むという方法になっています。
個人輸入は注文してから届くまでに時間がかかることもあるので、失敗したと思ってから注文すると間に合わない場合がありますから、そんな時は婦人科や産婦人科でアフターピルを処方してもらうのが良いでしょう。
ところで、ルナベルも婦人科で扱っている低用量ピルの一種となりますが、ルナベルは月経困難症の人に対して処方される薬となっています。
ルナベルは21錠が1シートにセットされている薬で、飲み方は毎日1錠を決まった時間に飲み、21日間飲み終わったら7日間薬を飲まないで、その後次の1シートを飲むという方法で服用します。
ピルは正しく使うと女性にとって有益なので活用しましょう。