1回くらいならコンドームをつけなくても大丈夫だと思ったり、コンドームの装着ミスで避妊に失敗した例は後を絶ちません。そういった緊急事態に対応してくれるのがアイピルというアフターピルです。こちらではアイピルについて解説していきたいと思います。

アイピルについて納得する女性

アイピル服用は時間が重要|急性視力障害に注意

緊急避妊薬のアイピルは、気になる行為をしてしまったら、すぐに飲むのが重要です。時間が経つにつれて避妊の成功率が落ちてしまうので、24時間以内を目指して飲みましょう。24時間以内であれば、95%以上という高確率で避妊させることが可能です。
まずいと感じたらすぐに飲むというように常備しておけば、万が一のときに慌てずに済みます。
と言っても、普段から婦人科などに行って緊急避妊薬を処方してもらうというのは抵抗があります。妊娠や避妊はデリケートな問題ですから、できれば病院を受診せずに目立たずに手に入れたいというケースが多いでしょう。
この場合には、ネット通販でアイピルを購入する手があります。自分で使う目的であれば、合法で海外からアイピルを取り寄せることができます。
個人輸入というと難しそうですが、面倒な手続きは個人輸入代行業者が代わりにやってくれます。なので、国内通販と同じように購入ボタンをクリックするだけの作業で買うことができます。
ピルの副作用は、低用量でも起こることがあります。ましてや、緊急避妊薬はホルモン量を避妊可能なように最大限多くしてあるので、副作用が強く出てしまう可能性も高いです。
一般的な副作用としては、吐き気、嘔吐、などがありますが、さらに高濃度のピルで注意したいのが血栓症です。
血栓症の初期症状には、下肢の疼痛やむくみ、突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、急性視力障害、などが出ることがあります。
急性視力障害は、急に目の前がぼやける、まぶしい、二重に見える、など視力に異常があらわれます。もしこのような症状が急にあらわれたら、アイピルの副作用で血栓症が起きている可能性があります。こちらも危険な症状なので、この症状が出た場合には医療機関を受診しましょう。