1回くらいならコンドームをつけなくても大丈夫だと思ったり、コンドームの装着ミスで避妊に失敗した例は後を絶ちません。そういった緊急事態に対応してくれるのがアイピルというアフターピルです。こちらではアイピルについて解説していきたいと思います。

アイピルについて納得する女性

日本産科婦人科学会で承認のアイピルの消退出血は安全

日本産科婦人科学会でも承認されているアイピルは望まない妊娠を避ける女性の強い味方です。ピルを飲んだ場合に消退出血が発生しますが、これは生理による出血とは違います。ピルの服用により女性ホルモンが急速に増加されますので、体内のホルモン濃度が上がり消退出血が発生するのです。望まない妊娠を防ぐために避妊に失敗した可能性のある性行為を行った後に女性がアイピルを服用すれば子宮口に入り込んだ精子が子宮内膜に着床する前に子宮外に排出することが可能です。性行為後72時間以内にアイピルを服用することにより望まない妊娠を防ぐことが可能になるのがアイピルの効能です。アフターピルというと生理不順を起こすのではと誤解をされている女性も多いのですが、実際はホルモンバランスが安定し生理周期や月経周期が安定化するという効能もあるぐらいのものです。医薬品ではなくホルモン剤ですので副作用といっても生理痛のようなものと考えてもらえればいいものです。避妊に失敗した可能性のある性行為の後にアイピルを服用すれば排卵制御を行い精子の着床を防げます。アイピルを服用後1週間もすれば消退出血が見られるはずです。消退出血が見られれば避妊には成功します。男性と違い女性は自分の身は自分で守る必要があるものです。望まない妊娠は女性の人生を不幸にするものです。排卵制御といっても一時的なものですから消退出血後は正常に戻ります。その後の生理周期にも影響はありませんので安心して服用してください。男性を信頼していてもコンドームを適切な着用をするとは限りませんし膣内で破れることも十分あります。女性は自分の身は自分で守らないといけません。正しいピルの知識を持ち安全な性行為を行うように心がけましょう。